生え際の後退にはDHT対策

生え際の後退、薄毛はDHT(ジヒドロテストステロン)が原因です。男性ホルモンが5αリダクターゼの影響を受けて、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。。DHTは毛乳頭内で退行誘導因子を生成し、毛母細胞の働きを弱めます。



また、髪の毛は血行が悪いと髪が細くなり、抜け毛が増えてきます。食の欧米化に伴い動物性タンパク質、脂質の多い食事を食べていると血行不良になりやすくなります。運動不足も血流悪化の原因です。適度な運動、バランスのとれた食事を意識することで体の血流を良くすることが育毛対策では重要です。

生活習慣を改善しながら、育毛剤を使用してダイレクトに頭皮に働きかけます。育毛剤には血流改善、細胞活性化、頭皮環境を改善する作用があります。今売れている生え際育毛剤は濃密育毛剤BUBKAです。育毛剤BUBKAには抜け毛の原因となるDHTの発生を抑制する「オウゴンエキス」や血流を改善する働きのあるセンブリ、細胞を活性化するM-034などが含まれています。育毛剤BUBKAにはサプリメントがセットになっています。サプリメントにも亜鉛、ノコギリヤシなど生え際の育毛をサポートする成分がたっぷり含まれています。

生え際の後退におすすめ育毛剤 BEST3

濃密育毛剤BUBKA
32種類もの育毛成分を配合した濃密育毛剤。DHTの生成を抑制する「オウゴンエキス」や頭皮の血行を促進して保湿する褐藻エキスM-034を配合。
価格:12,600円 送料無料
薬用プランテル
10種類の育毛成分を配合。M字型脱毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する「ヒオウギエキス」を配合。他にも血行促進成分、抗炎症成分なども配合。
価格:7,800円 送料無料
M-1育毛ミスト
分子レベルのピーリング力で頭皮の汚れをしっかり除去。さらに有効成分が毛穴の奥までしっかり浸透して毛母細胞の活性化をサポート。
価格:9,800円 送料無料

生え際育毛剤BUBKAの体験談

32種類の育毛成分
抜群の育毛力
サプリもついてる!

BUBKAは無添加にこだわり。香料、鉱物油、パラベンなど頭皮にダメージを与える成分は配合していません。頭皮が敏感な方でも安心して使えます。頭皮に塗布してもニオイやベタつきもありません。入浴後にタオルドライをし、薄毛が気になるところに塗布します。育毛成分が頭皮にしっかり浸透して毛根に働きかけます。BUBKAサプリは1日1錠、好きな時に飲むようにしています。

生え際の後退に育毛剤BUBKAが選ばれる理由

褐藻エキスM-034で毛根を活性化

育毛剤BUBKAの有効成分「褐藻エキスM-034」は毛根に働きかけます。外毛根鞘細胞を活性化する働きで髪が抜けるのを抑制。さらに、血行を促進することで栄養分を毛乳頭に補給。毛乳頭細胞から成長因子を受けた毛母細胞が活性化し、髪の毛は成長します。

DHTを抑制して抜け毛予防

生え際の薄毛の原因であるDHT。DHTは毛母細胞の働きを弱め、髪の毛のヘアサイクルを短縮してしまいます。BUBKAにはDHTの発生を抑える「オウゴンエキス」やが配合されています。さらに同梱のBUBKAサプリにもDHTを抑制する「ノコギリヤシ」を配合。抜け毛の発生を抑制します。

32種類の育毛成分配合

濃密育毛剤BUBKAには32種類もの育毛成分が配合されています。頭皮の血流を改善するセンブリエキスやニンジンエキス、頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸、ボタンエキスなどを配合。その他にも保湿、抗菌など頭皮を健やかに保つ成分がたっぷり入っています。香料やパラベン、合成界面活性剤などは入っていないので、刺激もほとんどありません。

生え際の薄毛、育毛対策

生え際の薄毛対策ではDHT抑制がポイントです。 男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHTは抜け毛の原因になります。 DHTの発生を抑えることが生え際の薄毛対策においてかなり重要です。 また、髪の毛の成長には毛母細胞を活性化する必要があります。



そこで大事なのが栄養分をしっかりと毛乳頭に送ることです。 髪の毛は「ケラチン」というタンパク質からできています。 タンパク質は「シスチン」をはじめとするアミノ酸で構成されています。 シスチンはお肉、卵、牛乳、大豆、ナッツなどに豊富に含まれています。 動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く食べる事がポイントです。

それから血行の促進です。 育毛剤では「センブリエキス」、「トウガラシエキス」、「ニンニクエキス」などが有効です。 これらの成分は血管を拡張し、血流量を増やします。 東洋医学で髪の毛は「血余」と呼ばれています。 血流が悪いと髪の毛まで十分に血液が届かず、毛髪は成長しません。

血流が改善することで栄養がしっかりと毛根に届き、髪の毛は成長します。 頭皮が硬いと感じる場合、血行が悪い可能性が大きいです。 育毛剤を使った後、指の腹でしっかりとマッサージをすることをおすすめします。

血行を促進には 日頃から有酸素運動をする事も重要です。 まずはウォーキングから始めるのがおすすめです。 意識して酸素を肺に入れることが血流の改善に有効です。 できれば1日30分程度を継続するのがおすすめです。

生え際の抜け毛にフィナステリド

男性の場合は30代から40代にかけて急に薄毛になるという方が増えてきます。 それはどうしてかというと、男性の場合は加齢による薄毛だけでなく男性型脱毛症と言われるいわゆる若ハゲになる人が多いからです。

そして昔はこの若ハゲになってしまうともうどうしようもないというのが一般的でした。ですが、最近は若ハゲになってしまってもその進行を食い止める事ができるようになりました。 それはどうしてかというと、最近は男性型脱毛症治療薬(フィナステリド)というのがあってこれを毎日きちんと服用すれば抜け毛の進行を食い止める事が可能になるからです。



ただ、この脱毛症治療薬というのは普通に入手するには病院でお医者さんから処方してもらう事になります。医師が処方するプロシアは1錠250円です。さらに、自由診療のために別途診察料などがかかります。診察料はクリニックによって異なります。しかも、この男性型脱毛症になると、薬を飲み続けないと薄毛が進行してしまいます。

最近では海外製のフィナステリドを個人輸入する方法もあります。国内のプロペシアという男性型脱毛症治療薬と同等の成分を配合しています。ただ、あくまでも使用は個人の自己責任になります。 ですから、みなさんも国内のプロシアが高額のために厳しいという場合、個人輸入でプロペシア等を入手されるという方法も選択肢の一つです。

国内のプロシアはフィナステリドが1%か0.2%配合になっています。海外製などには5%などもありますが、こちらは男性の女性化現象などの副作用の恐れもあるので注意が必要です。その他にも前立腺が小さくなることで男性機能が低下する症状が稀にあります。